バルクオム 評判

バルクオム ZIGEN

更新日:

バルクオムとZIGENを比較

「メンズコスメといえば?」というと、真っ先に名前が挙がるのがバルクオムとZIGENです。

両方ともかなり人気なだけに、

どっちを買うか迷っている

という方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、両方使った僕がオススメするのは断然バルクオム!

ここではバルクオムとZIGENを比較し、なぜ僕がバルクオムをオススメするのかをお伝えしようと思います!

バルクオムとZIGEN(ジゲン)を6つの観点で比較!

バルクオムの容器

バルクオムとZIGENを比較

バルクオムの洗顔料の容器はパウチタイプ、化粧水と乳液はプッシュ式のボトルタイプとなっています。

使用量の調節が容易なのでストレスフリーです^ ^

ZIGENの容器

バルクオムとZIGENを比較

ZIGENの容器はチューブ式となっています。(最近はリニューアルしたのでデザイン変更あり)

チューブの見た目は光沢があっておしゃれなのですが、側面を持って出すタイプなのでやや飛び出しやすいのがネックです。

 

バルクオムの洗顔方法

バルクオムはライン使いするメンズコスメなので、洗顔料→化粧水→乳液の順番に使っていきます。

オールインワンゲルタイプよりかは時間がかかってしまいますが、洗顔の質はかなり高くなります。

ZIGENの洗顔方法

ZIGENフェイスウォッシュの後にZIGENオールインワンを使う、オールインワンゲルタイプのメンズコスメです。

バルクオムが3ステップに比べて、ZIGENは2ステップなので洗顔にかける時間を短縮することができます。

※バルクオムとZIGENの併用はNGです。

 

バルクオムの成分

バルクオムとZIGENを比較

バルクオムの主成分はりんご果実培養細胞エキスです。

肌の細胞の活性化、驚異的な保湿力が特徴的です。

参考記事「バルクオムの成分解析!ビタミンC誘導体は配合されてるの?」

ZIGENの成分

バルクオムとZIGENを比較

ZIGENの特筆すべき成分はヒト型セラミドです。

人が本来持っていて歳とともに減少していく保湿成分です。

これを取り入れることで、若い頃に持っていた肌の潤いを取り戻すことができます。

 

バルクオムの香り

バルクオムはリンゴのような甘くて爽やかな香りがほんのりとします。

男性100人がモニターしてもらった結果、最も好きな香りに選ばれました。

ZIGENの香り

ZIGENに香りはなく、無臭です。

 

バルクオムの泡立ち

バルクオムとZIGENを比較

これこそ、僕がバルクオムを勧める理由なのですが、泡の質が一般的なメンズコスメとは次元が違います!

今まで体感したことがない、かなりモコモコとした弾力の泡で洗顔することができますよ^ ^

参考記事「バルクオムは朝晩使った方がいい?正しい使い方をご紹介!」

ZIGENの泡立ち

バルクオムとZIGENを比較

ZIGENの泡も決して悪くはないのですが、バルクオムと比較するとどうしてもシャバシャバした泡と言わざるを得ません(>_<)

 

バルクオムの金額

フェイスケア2ステップコース(500円):洗顔料、化粧水、乳液のサンプル、詰替ボトル、泡立てネット

フェイスケア3ステップコース(2380円):洗顔料、化粧水、乳液、詰替ボトル、泡立てネット

ZIGENの金額

ZIGENオールインワンジェル+ZIGENフェイスウォッシュのセットで5660円

まとめ

比較対象 バルクオム ZIGEN
容器
洗顔方法
美容成分
香り
泡立ち
価格

バルクオムとZIGENを両方使った僕の感想としては、表を見ても分かる通りバルクオムに軍配があがります。

なるべく低コストで、極上の泡を体験してみたいという方にオススメですよ^ ^

 

バルク先生
現在、バルクオムの公式サイトにてキャンペーンが実施されています。

お得に購入できるチャンスですので、気になる方は参考にしてくださいませ。

 

>>バルクオムの公式サイトはこちら

Copyright© バルクオムの評判と効果を暴露!※2ヶ月使った顔の変化写真あり , 2019 All Rights Reserved.